自分で積み立てて運用ができる年金の仕組みとして個人型確定拠出年金があります。自営業者やサラリーマン、公務員など働き方によって拠出額の上限が異なる制度です。税制における優遇点などを加味して利用すると良いとされます。

職業による違い

個人型確定拠出年金は元々は主に自営業者が利用できる仕組みでしたが、今はサラリーマンや公務員でも利用できるようになりました。ただし毎月の拠出額の上限が異なるなど職業によって違いがあるので、利用時に注意が必要です。

個人型確定拠出年金で月額68000円拠出できるのはどんな人?

個人型確定拠出年金と企業型確定拠出年金の併用は可能なの?

専業主婦なら誰でも個人型確定拠出年金を利用できるの?

専業主婦も利用できるようになりました

2017年より個人型確定拠出年金の加入条件が変わり、殆どの人が加入できるようになりました。もちろん、専業主婦も対象になりました。それまでは、自営業やフリーランスなどの1号被保険者、サラリーマンなどの2号保険者(公務員は除く)のみが加入できました。加入できないのは、国民年金を払っていない人、免除を受けている人、海外に住んでいる人などです。専業主婦は3号被保険者となり、国民年金を払っていれば、問題なく加入できます。専業主婦の場合、月額23000円、年間27万6000円まで拠出することができます。このように専業主婦を含め、殆どの人が利用できる制度になりました。老後に備えるための制度として、より多くの人が利用できるようになっています。

専業主婦にとってのメリットは?

専業主婦は自分の収入がないので、所得税や住民税の所得控除メリットはありませんが、それでも他に多くのメリットがあります。個人型確定拠出年金では、夫婦や家族単位ではなく個人単位の資産となります。そのため万が一、離婚した場合や夫と死別した場合などでも自分の資産として保護されているというのは大きな安心材料ですね。そして、もちろん運用中の利益に対する非課税メリットもあります。運用する金額が少ないと節税メリットもごくわずかですが、過去に勤めていた会社で企業年金や企業型確定拠出年金に加入していた場合などは、特に大きな運用益非課税メリットが得られるでしょう。また、そうでない場合でも60歳まで拠出できるので、長期間の拠出が可能であれば運用益非課税のメリットをより大きく受けられる可能性があります。

お得な税制優遇

個人型確定拠出年金に拠出するときどれくらい税金が減るの?

老後にために、毎月少しずつですが貯金しているという人は多いでしょう。正社員として働いていないパート主婦でも、がんばってやりくりして少しずつ自分のために残している人もいます。夫が会社員の妻の多くは国…

個人型確定拠出年金で運用すると何がお得なの?

老後に向けて資産運用していくのなら、同時に年間で10万円以上の節税を目指すとよく、そのために活用したいのが個人型確定拠出年金の制度です。確定拠出年金は、従来から活用されてきた企業の確定給付型の年金…

個人型確定拠出年金を受ける時の所得税の仕組みは?

所得を受ける時には所得税を支払わなくてはいけません。会社などに勤務をしていると給料を受けますが、その時は給与所得を得たとして所得税を計算していきます。控除できる金額が決まっていて、比較的多くの所得…

© Copyright Contribution Personal Pension. All Rights Reserved.