個人型確定拠出年金で月額68000円拠出できるのはどんな人?

会社員の場合の個人型確定拠出年金上限額

個人型確定拠出年金では、職業によって拠出できる金額が異なるため、自分がどのカテゴリーに当てはまるのか理解して申し込みましょう。
基本的に会社員は、自分の会社に企業型確定拠出年金があるかどうかによって、上限が異なっています。
自社に企業型確定拠出年金がある場合、月額2万円が上限です。年額に換算すると24万円となっているため、貯蓄をはじめとしたそれ以外の選択肢も検討してください。自社に企業型確定拠出年金がない場合、月額2.3万円が上限です。年額に換算すると27.6万円となっており、企業型確定拠出年金がある会社よりも多少上限が高いといえるでしょう。
なお、確定給付拠出年金がある会社員や、公務員の場合には月額1.2万円が上限で、年額にすると14.4万円となります。基本的に会社員の場合には、会社からの退職金もあるため、上限が高くないといえます。

会社員勤めしていない人の個人型確定拠出年金上限額

専業主婦の場合には、企業型確定拠出年金がない会社員と同様、月額2.3万円が上限です。年額に換算すると27.6万円となっていますが、所得控除を受けられませんので注意してください。なお、パートに出ている主婦の場合、パート先で厚生年金に加入していない場合は、専業主婦と同様の上限額となります。
フリーターや個人事業主の場合、月額6.8万円です。年額81.6万円までは上限があるうえ、所得控除も受けられる為、効率よく貯金ができる可能性があります。
ただし、国民年金基金に加入をしている場合は、月額6.8万円の内訳が国民年金基金と個人型確定拠出年金の合算額になるため、注意しましょう。会社員よりも個人事業主の年金に対する供えは少ないため、国民年金基金と個人型確定拠出年金をあわせて実行することで、老後の備えとなります。

© Copyright Contribution Personal Pension. All Rights Reserved.