個人型確定拠出年金を受ける時の所得税の仕組みは?

年金として受けるなら他の公的年金と同じ所得になる

所得を受ける時には所得税を支払わなくてはいけません。会社などに勤務をしていると給料を受けますが、その時は給与所得を得たとして所得税を計算していきます。控除できる金額が決まっていて、比較的多くの所得が税金の対象になる所得になるかもしれません。一方公的年金も所得税の対象になる所得ですが、あまりたくさん税金で取られると生活が苦しくなります。そのために控除額が多くなったりしてできるだけ税金が少なくなるよう考慮されています。個人型確定拠出年金の受け取り方として、年金として少しずつ受ける方法が選択できます。この時の所得は公的年金と同じ所得として計算されます。所得税がかかりにくくなっているので、税金がかからない人もいるかもしれません。

一時金で受ける時は退職所得として計算

会社を退職するときには退職金を受けます。会社から受けるお金として給料があり、こちらは給与所得として所得税の課税がされます。退職金も会社から受けるお金なので給与所得として計算されると思うかもしれません。しかし退職金は老後の生活資金の意味合いもあり、あまり税金がかかると困る人もいます。所得税の仕組みの中には給与所得の他に退職所得の分類があり、税金がかかりにくい所得として計算されるようになっています。個人型確定拠出年金を受ける時に一時金での受け取りを希望したとき、所得税の計算では退職所得に含めて計算をします。退職所得の所得控除は勤務年数が影響しますが、個人型確定拠出年金の計算では加入年数を勤務年数として計算を行います。

© Copyright Contribution Personal Pension. All Rights Reserved.