個人型確定拠出年金と企業型確定拠出年金の併用は可能なの?

事前のチェックは忘れずに

個人型確定拠出年金と企業型確定拠出年金の併用についての疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。結論からいえば、併用することは可能といえます。しかしながら、一定の条件を満たしていなければならないという点も事実ですので、しっかりとチェックしておくことが大事です。
ポイントとなるのは、勤務先の企業が企業型確定拠出年金に加入しているかどうかという点。ある程度の事業規模の企業であれば、加入しているケースは多いですが、中小零細企業では必ずしも加入しているわけではありませんので、恩恵を受けられないこともあります。また、万一企業型確定拠出年金に加入していたとしても、個人型確定拠出年金との併用を認めていない場合もあるのです。

転ばぬ先の杖として重要な存在

そもそも、ここまで年金制度への興味関心が高まっていること自体が不思議という人もいるかもしれません。この事態の背景にあるのは、高齢化社会の進行であることは間違いないといえるでしょう。若い世代のうちから、老後に向けての蓄えや貯蓄について考えることが当たり前の時代を迎えたのです。
確定拠出年金は、転ばぬ先の杖として広く支持を集めるようになってきました。半ば強制的に毎月もらう給料から天引きされることで、将来的な備えになることが魅力といえるのではないでしょうか。企業年金は、勤め先によって大きく変わることも事実です。大企業か中小企業、もしくは公務員などかによって異なることも知識として覚えておくことが大切といえます。

© Copyright Contribution Personal Pension. All Rights Reserved.